ローヤルゼリーサプリの効果ランキング比較版

ローヤルゼリーサプリの効果をランキング比較!

ローヤルゼリーに含まれる成分とはどんなもの?

 

 

 

 

美容と健康をサポートしてくれるローヤルゼリー。ローヤルゼリーに含まれるどの成分が、どのように体に働きかけるのでしょうか。

 

「10ハイドロオキシ2デセン酸」
10ハイドロオキシ2デセン酸はローヤルゼリー特有の成分であり、ローヤルゼリーにしか含まれていません。「ローヤルゼリー酸」とも呼ばれるこの成分は、その量と質がローヤルゼリーの品質を左右するほどの重要な成分です。美容・健康だけでなく、強い抗菌作用も持ちます。

 

「アミノ酸」
ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸は、オキシプロリンやリジン、イソロイシン、アラニンなどです。これらのアミノ酸はそれぞれに働き以外にも、相乗効果も期待できます。

 

「アセチルコリン」
ミツバチの活力になっていたこの成分は、神経伝達物質であり、ビタミンの一種です。アセチルコリンは、自律神経を活性化し、新陳代謝を高めてくれます。また、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を調整してくれます。このようなことから、アンチエイジング効果が期待できるのです。また、アセチルコリンは脳にも働きかけ、記憶力や認識力を高めてくれます。脳のアンチエイジングといったところです。

 

この他にも、ローヤルゼリーには、美容に良いビタミンB群やミネラルなども豊富に含まれています。また、ローヤルゼリーには未知の成分が含まれており、現在も研究が続けられています。美容・健康のために摂取を考えている方は、各成分の含有量はどれくらいかなど、ローヤルゼリーの品質に注目して商品選ぶことをおすすめします。

 

ローヤルゼリーの味は?

 

ローヤルゼリーはどんな味がすると思いますか?飲んだことがない方は、その名前から、あるいはハチの巣から採れるということから、「甘い!」と答える方がほとんどではないでしょうか。しかし、実際は酸っぱいのです。ロイヤルゼリーを口に入れると、舌が痺れるような感覚と発酵したような酸味が感じられるはずです。はちみつのようなものを想像していた方からすればショックですよね。

 

ローヤルゼリーは大きく分けて3種類あります。種類によって、味も栄養素の含有量も違います。ローヤルゼリーは一定期間飲み続けることによって、健康や美容に効果のあるものですから、味も大事ですよね。それぞれの特徴を知って、どの製品を選ぶかの参考にしてみてください。

 

・生ロイヤルゼリー
生ロイヤルゼリーはハチの巣から採取したものをそのまま製品にしたもののことです。そのため、本来の味である特有の酸味があります。「おいしくない!」と感じる人も多いようです。この特有の酸味の原因は、デセン酸によるものです。デセン酸の量と酸味の強さは比例します。しかし、デセン酸はローヤルゼリー特有の成分であり、この含有量が品質の良し悪しを左右しています。つまり、酸味が強いほど、デセン酸が多く含まれていて、高品質で新鮮なローヤルゼリーと言えるのです。

 

生ローヤルゼリーの推奨されている食べ方は、スプーン一杯のローヤルゼリーを舌の下に入れ、味わいながら体にゆっくりと吸収させます。しかし、これでは長く続かないかもしれません。そこでジュースや牛乳を一緒に飲んだり、はちみつやヨーグルトにかけ、一緒に食べたりすることで、風味や酸味を抑えることができます。ただし、「食べ合せ」には注意が必要です。体調を崩す原因にもなり兼ねないので、確認をしてからいろいろと組合せてみましょう。また、熱を加えることで、栄養素が失われる可能性があるので、冷たいものと一緒にとりましょう。

 

・乾燥ロイヤルゼリー
乾燥ロイヤルゼリーはその名の通り、生ローヤルゼリーを乾燥させたものです。水分の90%が失われたことで、栄養素が凝縮され、より少ない量の摂取で充分な量の栄養を取ることができます。一日の目安はティースプーン1/2杯です。しかし、生ローヤルゼリーと比べると、栄養素のいくつかは少なくなっています。粉末状なので、ジュースや牛乳と混ぜて飲むのが最適です。

 

・調整ローヤルゼリー
調整ローヤルゼリーは、乾燥ローヤルゼリーに添加物を加え、カプセルや錠剤にしたものです。何かに混ぜて酸味をごまかす手間もなく、飲みやすさ、手軽さという点では、3種類中最も優れていると言えます。しかし、ローヤルゼリー成分は乾燥ローヤルゼリーより、さらに少なくなってしまっています。 

 

「生ローヤルゼリーと比べて栄養素はどれくらい違うのか」を知るために、製品に記されている「生ローヤルゼリー換算値」が目安になります。これは製品に含まれるローヤルゼリーを生の状態で換算すると、何gに相当するのかを示した数値です。メーカーによってはコエンザイムQ10や亜鉛などの栄養素が追加されていることがあります。これらのプラスされた栄養素も考慮に入れて自分に合ったものを選んでみてください。

 

こちらも参考に:http://xn--t8j4aa4nwjihze4511el4b.com/

 

シミ対策に化粧品

 

昔からシミ対策として多くの方に試されている方法は、化粧品によるものではないかと思います。比較的以前から、美白化粧品と呼ばれる化粧品は販売されていました。しかし、そういった昔の美白化粧品に、実際にシミを改善させる効果はほとんどありませんでした。そのため一般的には、化粧品を利用してできるシミ対策は、シミをファンデーションやコンシーラーで隠すという方法に限られていました。

 

しかし、現在、美白を目的とした研究は活発に行われています。近年では、美白効果のある化粧品も多く販売されるようになりました。多くの場合、化粧品の中でも本当に美白効果を持つものは高額です。しかし、この頃は安価な基礎化粧品であっても、多くの商品が美白効果を謳うようになりました。その種類は、化粧水から美容液まで様々です。

 

美白効果があるとされる成分は、数多く発見されています。また、多くのメーカーがそれらの研究を独自に進めています。そのため、それらの成分を配合した美白効果の高い商品は、日々日進月歩で開発されてます。美白効果のある成分として最もよく知られているものは、ハイドロキノンです。このハイドロキノン以外にも美白効果が確認されている成分は存在します。

 

例として、アルブチン、リノール酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ルシノール、エラグ酸、カモミラET、t−シクロアミノ酸誘導体、トラネキサム酸といったものがあげられます。これら9種類は、厚生労働省に「美白成分」として認められているものです。また、その他に美白効果が期待できる成分は、コウジ酸、4MSK、マグノリグナン、天草エキス、アスタキサンチンなどです。

 

これらには、メラニン生成の抑制効果や抗酸化作用などがあります。市販されている各種の化粧品には、上記のような美白成分が配合されていますただし、その成分の量や質は千差万別です。安価な化粧品に含まれている美白成分の量や質は、やはりそれ相応のものであると考えたほうが良いでしょう。

 

身体を冷やさないグリーンスムージーの飲み方

 

健康や美容、そしてダイエットにもいいと言われているグリーンスムージーですが、欠点があるとすれば生野菜と果物を使って熱を通していないということで身体を冷やしやすいという面もあります。

 

夏場でしたらありがたいですが、冬になると飲むのが辛くなるという方もすくなくありません。そういう方のために身体を冷やさないようにするグリーンスムージーの飲み方を説明します。

 

このグリーンスムージーが身体を冷やす原因となっているのは夏野菜を多く使っているからです。実は夏の野菜を冬に使うことで身体が冷えやすい体質に変化していきます。あまり無理をしすぎると内臓冷えといって深刻な冷え性になってしまう可能性がありますので注意してください。

 

酷くなりすぎると不妊症などになることも考えられます。では、冷えないためにどうすればいいのかというと、

 

粉末スムージーの効果は?まず、グリーンスムージーを飲む前に白湯を飲んで身体を温めた上で飲むようにしてください。もちろんグリーンスムージーも冷やしたものではなく常温のものにしてください。

 

次に夏の野菜や果物を避けてグリーンスムージーをつくることが大切です。南国で育つようなものも避けると尚いいです。

 

ちなみに飲むタイミングですが、基本的に朝に置き換えてという方が多いのですが、朝は身体も冷えているので冷えを避ける場合は昼に飲むことをオススメします。このようなことを意識して続けることで、冷えを回避することが出来るでしょう。

 

更新履歴

メニュー